骨格診断

コロナ渦で5kg太っても骨格診断のメソッドが効果的

太ったからわかる骨格診断のスタイルアップの法則

こんには。
パーソナルスタイリストの永田裕子です。

ゆうこ
ゆうこ
コロナ禍になって約2年半ほど経ちました。
実は私コロナ禍で5〜7kg太りました!

食べても太らない体質だと思ってましたが、35過ぎて代謝が落ちたのと生活スタイルの変容が原因と思っています。

太ってみて感じたのマイナス要因

  • 身体が重いのでちょっとしたことでも億劫に感じてしまう。
  • ヒールを履くのも面倒に感じてしまう。
  • 腹がぽっこり出ているとちょっとダサく見える。
  • おしゃれする気がなくなってくる

今までダイエットと無縁の生活でしたが、ダイエットって難しいですね…
身にしみてますが、太った自分を観察するのもおもしろく感じています。

で、改めて感じたこと…

骨格診断=スタイルアップの法則

骨格診断=スタイルアップの法則で、もともとスタイルのいい方はなんでも似合いやすい。
パーソナルカラー診断も同様で若い方、肌が圧倒的きキレイな方はなんでも似合いやすい。
該当する方は遺伝子に感謝です。

私の場合、骨格診断ナチュラル。
関節や骨が大きめでフレームが目立つ体型です。
オーバーサイズの方がスタイルよく見えます。

それでも太る前まではスキニーパンツとかも着用していましたが、太った後はトップスはオーバーサイズ、敢えてのメンズもの、ワイドパンツ着た方がスッキリ見えるなと感じています。

⇩ピッタリ目のスタイル

⇩ナチュラルタイプはオーバーサイズ着た方が雰囲気が出ますね。

ナチュラルタイプが太ると…

ナチュラルタイプは太っても比較的、鎖骨、膝のお皿、くるぶしの骨、手のひらの骨なんかは見えたままです。

森三中の黒澤さんをイメージしていただくとわかりやすい。
あの方、顔は丸くても比較的目鼻立ちはそのまま、膝のお皿とかはしっかり見えます。

骨格診断ナチュラルの体型を図形で表すとこんな感じ。
痩せていると肩幅広く、くびれているので逆台形のような体型。
太ると肩幅そのままくびれの部分がなくなり、長方形になっていきます。
さらに太ると一回りづつこの長方形が大きくなっていくイメージです。

オーバーサイズの服を着るとグレーの太った部分もうまくカバーしてもらえるのです。

デンキバリブラシ最高

2020年の年末、コロナ禍で1年間ぶりに会った妹に

フェイスラインやばいよ!

と忠告されました。
(2つ違い妹は毒舌な女友達のような関係です)


そのまた1年後あった時は

痩せた?

と聞かれました。
体重はそのままです。

痩せたと聞かれた理由はフェイスラインがスッキリしたから。

フェイスラインがスッキリした理由は、おそらく1つ。

デンキバリブラシです!!!

ダイエット目的で通い始めた近所のジム。
筋トレマシーンやランニングマシーンはすぐに飽きて、フォームローラーでゴロゴロ。
それと使い放題になっているエステマシーン、デンキバリブラシは定期的に使用していました。

ほぼデンキバリブラシのためにジムの使用料金を払っていると言っても過言ではない状態です。

骨格診断ナチュラルはフェイスラインもシュッとしているとよりスッキリ見えるので、デンキバリブラシはそれに効果的だったようです。

骨格診断では

骨格診断ではそれぞれのタイプの着痩せ、スタイルアップして見えるポイントもお伝えします。