プロフィール

パーソナルスタイリストとしての想い

—パーソナルスタイリストとして—

ファッション=センスと思っている人が多いのではないでしょうか。

ファッションをセンスではなく、理論で似合うとおしゃれを伝えます。

理論の手法に、骨格診断・パーソナルカラー診断を活用しています。

—私の想い—

10年以上レディースアパレルで働くうちに以下のように思うようになりました。

  • 店舗を超えてお客様に似合うものを提案したい。
  • お客様のワードローブを把握して、コーディネート提案したい。
  • お客様の魅力を活かし、楽しく人生を送れるお手伝いを私ができることで力になりたい。

芸能人やモデルさんだけでなく、一般の人にスタリストがついていてもいいじゃない。
一般の人の為のスタリスト あなたのパーソナルスタイリストです。

—Urfolio に込めた想い—

サロン名を  Urfolio【ユーフォリオ】 と名付けました。

Urfolioは、you +portfolio の造語です。

you=あなた

 portfolio=作品集 原義は大判の紙挟みのこと。

画家などが自分の過去の作品を挟んで作品集として使用していたことから、
現代では、様々な分野で自らの持つ様々な種類のものをひとまとめにして
一覧できるようにしたものを指します。

骨格診断は肌質や骨の質感。
パーソナルカラーも肌質や髪の毛、瞳の色などを見ていきます。

それらははあなたの生きてきたものの蓄積、遺伝子の履歴書です。
あなたのportfolio を活かし、よりよい人生になりますように。